実行方法(サーバー編)

hchatsv.exeを実行します。

最初に、ポート番号が聞かれますので、換える必要のある方以外はそのままOKを押します。

これで、サーバーは立ち上がります。

機能

マップファイルの読み込み

マップファイルをサーバーで変更

クライアントを強制的に切断する

マップファイルの読み込み

[メニュー]−>[マップ]−>[MAPファイルの読み込み]を選択します。

ファイル名を選択するダイアログが現れますので、使用したいマップファイルをクリックして開くを押せばマップファイルが読み込まれます。

この時点で、クライアント全部に最新のマップファイルが読み込まれます。

マップファイルをサーバーで変更

読み込んだマップファイルを、時として修正したい場合があります。

その場合、マップファイルエディタを開いていちいち修正して開きなおさず、サーバーで簡易な変更を加えて送信することができます。

マップチップを選択するコンボボックスがありますのでそれでマップチップを選び、マウスで修正して、[マップ転送]ボタンを押すことによりクライアント全部に変更されたマップが送信されます。

クライアントを強制的に切断する

右下にクライアントの一覧がでます。

強制切断したいクライアントを選択し、ツールバーの[X]ボタンを押せばその人を切断する旨のダイアログがでますので、OKを押してください。

たとえば不正終了が起きた場合にゴミとしてそのクライアントが残る場合があります。

それらを切断する場合に有効です。